学生がお金を借りれるカードローンはどれですか?

MENU

学生でもアルバイトをしていれば問題ありません!

 

「クラスメイトと旅行へ行きたいけどお金がない」「週末の飲み会に参加するための費用がない」などと、学生というのは楽しいキャンパスライフを過ごすために、どうしてもお金が必要になってきます。

 

「学生なのですから遊びは我慢!」っと言いたいところですが、自由な時間を作れる学生だからこそ今のうちに遊んでおきたいものです。

 

 

 

その気持よくわかります。

 

とは言いましても、肝心のお金が無ければ何も出来なく、親からの小遣いや仕送りなどだけでは到底足りないのが現実です。

 

 

 

そこで消費者金融などのカードローンへ申し込みをすることで、学生でもキャッシングをすることが出来るのでしょうか?

 

カードローンと聞くと、学生ではお金を借りることが出来ないというイメージがありますが、いくつかの条件を満たしていれば、学生でも融資が可能なのです。

 

 

 

まず満20歳以上であることが最低条件となりますので、18歳19歳といった未成年者のキャッシングは出来ません。

 

これはつまり、同じ講義を受けている友人やクラスメイトでも、カードローンを利用出来る人と出来ない人がいるということになります。

 

 

 

満20歳以上であれば、専門学校生や短大生、大学生などでも問題ありません。

 

そしてもう一つ重要なこととして、アルバイトで安定収入を稼いでいることです。

 

 

 

アルバイトの職種は何でも構いませんが、日払いの登録制アルバイトや日雇いですと、安定収入を認められない可能性もありますのでご注意ください。

 

今現在アルバイトをしていなかったとしても、お金を借りる時に既に収入があれば、アルバイト歴が短かったとしても問題ありません。

 

 

 

さてこれら条件を満たしていない場合、他にも学生がお金を借りる方法があります。

 

いわゆる学生ローンと呼ばれる中小消費者金融が取り扱っているキャッシングサービスであり、中には未成年者でも借りれる業者もあります。

 

 

 

しかし中小サラ金の利用は色々と不安なことが多いので、大手消費者金融を利用出来ない場合には、両親や兄弟に借りるなど、別の方法を選択することをオススメします。

 

また、学生さんといえどバイト先に在籍確認の電話がほぼほぼ行くことになります。

 

そのことはあらかじめ理解しておきましょう。

 


↓ ↓ ↓ ↓